2017年12月25日

0.愚者/大アルカナ(タロットカード)の意味

各カードの意味について、占いをしてもらうにあたって結果を理解しやすいよう、基本をまとめます。

<カードの意味>
(正位置)何も考えない、気まぐれ、無邪気、楽観視、自由
(逆位置)ルーズな行動、先が見えない、愚かさ、無計画、軽はずみ

愚者.JPG


<カードの意味 詳細>
自由人という意味合いで「愚者」という名前のカードが表わすのは、新しい世界をめざす姿。これからスタートし、まだ見えない前向きな変化や期待を意味しています。好奇心や刺激を探しているような状況を表しています。また、純粋さや無垢さも意味しています。




(正位置)
今の状況に終わらず、新たな変化を追うことで良い方向に向かうことを意味します。積極的に、直感や欲求に任せて行動することが幸福のカギになります。キーワードとしては、上記のほかに開花、道の可能性、スタート、柔軟性、ひとめぼれなどが挙げられます。

(逆位置)
気持ちや行動が曖昧になることで状況がさらに悪化して、自信喪失したり、後ろ向きになったりすることを意味しています。キーワードとしては、上記のほかに軽率、消極性、気まま、偏見、無謀、不安定、協調性がない、失望などが挙げられます。

タロット占いをしてもらうと、いろいろなカードが出てきます。カードの数はメインとなる22枚の大アルカナ(秘密、神秘の意味)の組、残り56枚の小アルカナの組の、全部で78枚。各カードに意味があり、絵のテイストはさまざまです。

今まで10人以上の占い師さんにタロットで見ていただき、最も多かったのは「ライダー版=ウェイト版」と呼ばれるもの。このサイトに掲載している写真のテイストのものです。それ以外のテイストの絵は「マルセイユ版」と言われます。カードの意味は共通です。

ラベル:タロット 占い
posted by ジョアンナ at 23:42| Comment(0) | 占術(タロット) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください