2017年12月16日

タロットカードの意味(21.世界)

21.世界(The World)
各カードの意味について、占いをしてもらうにあたって結果を理解しやすいよう、基本をまとめます。

<カードの意味>
(正位置)完成、計画が成功する、目標に到達する、幸福感、理想的な人、
(逆位置)未完成、不完全燃焼、平凡、未熟、目立った動きがない

※カードの意味は「タロット占いポケットマニュアル(ニチユ―株式会社)」を参照
世界.JPG<カードの意味 詳細>
輪の中を踊る、中世的な人物の周りに、獅子と牡牛、天使、鷲が描かれているカード。この4つの生物は火、大地、風、水という宇宙の構成要素を表していて、カードの名称は「世界」。物事が形になったとして、再びスタート地点に立ったことを表しています。基本的には、最も良い結果を表すカードと言えますが、場合によっては、今の状態が最高で、それ以上の良い結果は望めないという場合もあります。

(正位置)
積極的に、自信を持って行動することで、問題や悩み、困難な状況が終わり、自分の望む状況=幸せを迎えることを意味します。キーワードとしては、上記のほかに成就、目標達成、運命的な出会い、結婚などが挙げられます。

(逆位置)
正位置とは逆に、物事が完成せず中途半端な状況になってしまう、それ以上進んでいけずに諦めてしまうことを意味します。キーワードとしては、上記のほかに失敗、低迷、挫折、破談、破産などが挙げられます。

タロット占いをしてもらうと、いろいろなカードが出てきます。カードの数はメインとなる22枚の大アルカナ(秘密、神秘の意味)の組、残り56枚の小アルカナの組の、全部で78枚。各カードに意味があり、絵のテイストはさまざまです。
今まで10人以上の占い師さんにタロットで見ていただき、最も多かったのは「ライダー版=ウェイト版」と呼ばれるもの。このサイトに掲載している写真のテイストのものです。それ以外のテイストの絵は「マルセイユ版」と言われます。カードの意味は共通です。
ラベル:タロット
posted by ジョアンナ at 14:29| Comment(0) | 占術(タロット) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください