2017年12月08日

タロットカードの意味(20.審判)

20.審判(Judgement)
各カードの意味について、占いをしてもらうにあたって結果を理解しやすいよう、基本をまとめます。

<カードの意味>
(正位置)誘惑に負ける、束縛、悪だくみ、重苦しい気持ち、
(逆位置)解き放たれる、現状打破、もめ事に巻き込まれる、欲を捨てる

※カードの意味は「タロット占いポケットマニュアル(ニチユ―株式会社)」を参照

審判.JPG

<カードの意味 詳細>
天使がラッパを吹いて、それを合図に死者が神の前で生きている間の善悪を問われるという、聖書の「最後の審判」がモチーフのカード。再生と復活を意味し、今までの行いを昇華することで、新しい道を見つけて進んだり、重要な決断をしたりすることを表しています。恋愛や取り組んでいることなどにおいて、人生の転機となるような出来事があると示しています。

(正位置)
新たな目的や環境ができることで、今までより前向きに、積極的になることを表しています。再生と復活がメインの意味をもつため、恋愛においては復縁や再婚、新たな出会い、人間関係では仲直りといったことを意味します。キーワードとしては、上記のほかに改善、覚醒、最終決断といったことが挙げられます。

(逆位置)
今の状況に至るまでの頑張りや苦労を自ら投げ出したりマイナスに捉えたりしてしまうことで、将来を捨ててしまうことを表しています。過去や自分の気持ちにとらわれて、新しい出会いに踏み切れなかったり、終わっている関係にすがって押し通そうとして可能性を失ったりといった解釈ができます。キーワードとしては、上記のほかに執着、停滞、再起不能、悲しみを伴う別れ、挫折などが挙げられます。

タロット占いをしてもらうと、いろいろなカードが出てきます。カードの数はメインとなる22枚の大アルカナ(秘密、神秘の意味)の組、残り56枚の小アルカナの組の、全部で78枚。各カードに意味があり、絵のテイストはさまざまです。
今まで10人以上の占い師さんにタロットで見ていただき、最も多かったのは「ライダー版=ウェイト版」と呼ばれるもの。このサイトに掲載している写真のテイストのものです。それ以外のテイストの絵は「マルセイユ版」と言われます。カードの意味は共通です。
ラベル:タロット
posted by ジョアンナ at 16:23| Comment(0) | 占術(タロット) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください