2017年11月26日

タロットカードの意味(18.月)

18.月(The Moon)
各カードの意味について、占いをしてもらうにあたって結果を理解しやすいよう、基本をまとめます。

<カードの意味>
(正位置)不安、モヤモヤした状況、誤解を受ける、迷い、嘘
(逆位置)スッキリする、誤解が解ける、状況が良くなる、時間が解決

※カードの意味は「タロット占いポケットマニュアル(ニチユ―株式会社)」を参照
月.JPG

<カードの意味 詳細>
夜の女王と言われる月は、人間が見るとうっとりとロマンチックな気分になったり、逆に落ち着かなくなったりと、不安定な気分になります。はっきりと照らさない月明かりの下では、想像が膨らみ、イマジネーションが湧くこともあれば、幻想にとらわれることもあります。この月が描かれたこのカードは、予感や夢からのお告げ、曖昧、不安定といった意味を表しています。

(正位置)
状況が曖昧で、不安定になったり落ち着かなかったりすることを表しています。この気持ちがもとで、悲観的になったり悩みに発展してしまったりすることを示唆。キーワードとしては、上記のほかに幻滅、悪い予感、心配、胸騒ぎなどが挙げられます。

(逆位置)
正位置とは逆に、不安定だったり混乱していたりする状況を越えることができて、未来に明るい兆しがあることを表しています。キーワードとしては、上記のほかに可能性、成功、真実、安心、インスピレーション、光、変化などが挙げられます。


タロット占いをしてもらうと、いろいろなカードが出てきます。カードの数はメインとなる22枚の大アルカナ(秘密、神秘の意味)の組、残り56枚の小アルカナの組の、全部で78枚。各カードに意味があり、絵のテイストはさまざまです。
今まで10人以上の占い師さんにタロットで見ていただき、最も多かったのは「ライダー版=ウェイト版」と呼ばれるもの。このサイトに掲載している写真のテイストのものです。それ以外のテイストの絵は「マルセイユ版」と言われます。カードの意味は共通です。
ラベル:タロット
posted by ジョアンナ at 21:39| Comment(0) | 占術(タロット) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください